臨時休業のお知らせ

 

4月4日から12日までの間、買付のため"臨時休業"いたします。

 

4月13日より再開しますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

Shop Displays - Apr.

4月に入って早速、義妹とアシスタント君がディスプレイに来てくれました。

 

 

新しいディスプレイ

 

 

 

今回は上階も

 

 

 

 

2階では4本のルレットを使いこなし、シンガーミシンでお裁縫

 

 

 

 

 

1階は子ベアたちが"憧れの人"を夢みて

 

 

 

 

せっせとネズミのデッサン中(なかなか上手だアシスタント君)

 

 

 

 

タイピングしながら寝てしまった子ベア

 

 

何を打ってたの?

 

 

 

 

 

 

" If you can dream it, you can do it. " 

 

 

 

いい夢見ろよ…ベアくん

 

 

Underwood 3-bank portable

アメリカUnderwood社製タイプライターです。

 

 

 

 

3段キーボードのこのタイプは1919年から1929年に生産されました。

 

 

 

 

今のところタイピングも可能です。

 

 

 

 

個人的には"Underwood"に魅せられ、見つけるとついつい買付けていましたが、

最近は良い状態のものをなかなか見つけられません。

 

 

 

 

そんな"Underwood"はバウムズの店舗でも人気です。

 

「昔これ使ってたよ」と軽く"パチパチ"。

 

 

 

そして"どーん" と居座る"ヘビー級"

 

 

 

 

コチラはまたの機会に

 

 

Singer Model 20 Toy Sewing Machine

写真は"シンガーアンティークトイミシン"です。

 

サイズは幅、高さともに20cmもないぐらいです。

 

 

 

 

"トイミシン"といっても実用可能で、

子供向けには「裁縫の練習用トイミシン」

大人向けには「旅行などの携帯用ミシン」と宣伝されていたみたいです。

 

 

 

 

こちらは"7spokes"のハンドホイールで、糸通しの番号が刻印されていることから、

1926〜1950年の間にアメリカで製造されたものです。

 

 

 

 

全体的にサビがありますが、ハンドルも廻りますし針も付いています。

油をさせばスムーズに動き今でも実際に使えそうです。

 

使ってみたいのですが、残念ながらミシン掛けは家庭科実習以来やったことがありません。

 

なのでイメージだけでも…

 

 

 

 

あっ、ミシンの前後が逆ですね…

 

arts

バウムズには数は少ないですが絵画なども置いています。

 

 

1845年ブリュッセルに開店した百貨店「Au bon Marché」のポスターや

 

 

 

 

誓約書のような…

犯罪や刑罰という言葉がフランス語で…1959715日の表記)

 

 

 

 

ねこの絵

 

 

 

メルヘン(なにかの物語がモチーフ?)

 

 

 

フレームが渋い…

 

 

 

"Gobelin" ゴブラン織り

 

 

 

 

写真では伝わりにくいと思いますので、ぜひ実物をみてほしいです。

 

オンラインショップのほうにも順次アップしていきます。

 

Cats Love Boxes

(私)どうしても入りたい??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      (ねこ)入りたい…です

 

(私)じゃ蓋してあげる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      (ねこ)蓋はいいです…

 

 

 

Art Deco Bakelite Table Lamp

19201940年代のドイツ PGH Elektro-Medizin社製のアール・デコスタイルの

希少なテーブルランプです。

 

 

世界初の人工プラスチックであるベークライトの黒みがかった赤ワイン色は、

今のプラスチックにはない重厚さが感じられます。

 

 

 

 

シャープナーといい"bakelite"には"オトコゴコロ"を引きつける魅力があるようです。

 

 

 

残念ながら只今"シャープナー"の在庫はございません。

 

 

Brass Desk Bells and Hand Bell

ホテルのフロントなどに置いてある呼び鈴。

ピカピカの新しいのもいいですが、バウムズにあるのは使い込まれた真鍮製のベル。

 

 

 

スタンダードな形のアンティークデスクベル。

 

 

高貴さ漂う"from London"

 

 

こちらは持ち手が木製のハンドベル。

 

 

 

離れたところに伝えるベル。鳴らすと心地良く"チーン"と響き渡ります。

 

こんな感じです。↓

 

 

 

Russian bears with balalaika

バラライカを持つ195060年代頃のロシアンベアは、背中のネジを巻くと

リズミカルに頭を動かしながらバラライカを演奏します。

ロシアでは昔からクマは国を象徴する動物とされているようです。

 

 

 

1熊目の彼はちゃんとしたバラライカを持っていますが、残念ながら右腕の

状態が良くないために上手に弾く事ができません。

 

 

2熊目はバラライカのネックの先が折れてしまい上手に弾けるのに弾けない。

(背中のネジもどこかに忘れたみたい)

 

 

3熊目のバラライカは根元からネックが折れてしまってますが、かなり上手に

弾けるようです。(でも背中のネジをなくし披露できません)

 

 

いつかこの2熊のバラライカとゼンマイネジを揃えてあげたい。

 

 

4熊目はプロなのか衣装もきちんと着こなし微笑んでいます。

 

 

5熊目は指揮者でしょうか…

 

 

"ロシアンベア楽団"

 

 

 

それでは4熊さんの演奏をどうぞ。

 

 

 

Synchronize

本日はネコ。

 

ネットで"まとめ"があるくらい、ネコは"シンクロ"するようです。

バウムズのロゴ猫たちは兄妹で小さいときから"息ピッタリ"です。

 

 

決めポーズ

 

 

でも"茶トラ君"はたまにパートナーを替えるようです…